簿記の資格取得にはどんなローンがいいか

キャッシングベスト3

簿記の資格を取りたい!受講料の借入でキャリアアップを目指そう!

簿記は、根強い人気のある資格ですね。通信講座もありますから、お仕事をしながらでも、資格取得に向けて勉強を続けることもできます。キャリアアップを目指すための資格だけに、今現在は経済的な余裕が余りないという人も居られるでしょう。資格をとるには、受講料や教材費、資格試験の費用など、合計すると、案外まとまった金額になります。

このような費用を自力で調達しようと思うと、貯めるにしてもいつまでかかるかわかりません。1年早く資格が取れれば、それだけ就職には有利になりますから、なるだけ早く決断するに越したことはありませんよね。このような貴重な時間を有効に使うためにも、受講料などはどこからか借りてしまうという方法もあるんですよ。

借りるという手段でありませんが、一番コスト安になる方法としては、ハローワークが窓口になる、国の教育訓練給付を利用するという方法があります。国に認可された講座から選んで受講すると、後で支払った分の20%、上限10万円が戻って来るというシステムです。非常に多くの講座がリストアップされていますから、自分が受けたい講座や学校が無いという心配はありません。各学校のサイトからも給付制度へのガイドがありますから、間違わず選ぶことができますよ。

しかし、これはあくまで後からのキャッシュバックという形になります。まず受講料は先に自分で支払わねばなりません。受給の申請ができるのは、受講終了後です。また、このような申請については、ハローワークにおいて一定の手続きも必要となります。このような講座は、申込時の一括払いが多いですから、手持ちの余裕がない方にとっては、やはりすぐにお金を借りれるところも必要ですね。その点、民間の業者は申込んですぐ借りることも可能です。思い立ってすぐに講座を受け始めることができるので、やはり早さという点では民間の業者が優れています。

銀行や消費者金融にも、教育ローン、生涯教育ローン、キャリアアップローンなど、様々な形で資格取得に適したローンがあります。これらはフリーローンという形ですので、まとめて全額を借りる形になりますが、中にはカードローン形式で使い勝手のよいものもありますよ。このような民間のローンは、すぐ借りれて手軽な分、やはり金利がかかってしまいます。とった資格を活かして、すぐにキャリアアップが果たせればいいのですが、そう短時間ではうまくいかないかもしれません。借りたはいいのですが、果たしてちゃんと返済ができるのかどうか、少し心配になりますね。

そのためには、なるだけ利息を安くあげることも重要になってきます。カードローンの場合、無利息キャンペーンもありますから、いくらかは利息も安くつきますよ。また、逆にその返済をバネにして頑張るというのも、ひとつのやり方かもしれません。借りたお金だと思うと、受講にも一層力が入るでしょう。借りることで弾みをつけて、一気にステップアップしていくのもいい方法ですよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 ※見ないと損!※即日融資可能なカードローン会社は此処! All Rights Reserved.