カードローン審査に落ちたときの対処法

キャッシングベスト3

カードローン審査に落ちた時!ベスト3対処法で次を狙え!

カードローンの審査を受ける人は年々増えていますが、その人達全てが審査をパスするとは限りません。審査に落ちてしまう理由も様々なのですが、中にはどうしても審査に通ることが難しいような事情もあります。例えば、よく言われるところでは所謂ブラックリストに載っているような方の場合、通常どこでもお金を借りることは難しいのです。

債務整理をしたことや、3ヶ月以上の長期間の延滞の記録が信用情報機関に登録されている人が、これに当たります。このような事故情報が登録されてしまうと、5年から10年の間、その情報は消去されません。また、登録期間を過ぎてからも、業者が独自で記録を保存している場合もありますので、少なくとも大手の消費者金融でお金を借りることは難しくなると言われています。

このような事故情報以外にも、カードローンの審査に落ちるような要因をひとつづつ抑えていけば、審査に再チャレンジすることもできますよ。このような要因で、分かりやすいところでは、他からの借入件数です。通常、4件以上になると大手では借り難いと言われていますから、その場合は、1件でも少なくなるように借入先を整理したり、またおまとめローンを検討してもいいでしょう。

また、借入件数だけでなく、借入総額が年収の三分の一近くあると、総量規制によって、やはり審査には通りません。その場合も、返済して総額を減らすしかないのです。消費者金融だけでなく、クレジットカードのキャッシングもこの規制の対象となりますから、これも併せて返済をしていかなくてはなりません。

総量規制と言えば年収に関わってきますが、他からの借入がないか少ない場合は、年収の額そのものは、案外審査には影響しないと言われています。年収は、安定してあるということが重視されるので、年収の額よりもむしろ、勤続年数の方が重んじられる傾向があるのです。

勤続年数は、その勤務先に長く勤めているという実績ですし、今後も安定して給与収入が見込めるという、何よりの証しになります。その逆に、入社してまだ数ヶ月では、まだ収入という点では不安定だと見なされてしまうのです。通常、2年以上になると勤続年数として評価されると言われていますので、もしもまだ新規入社で1年以内の人は、慌てて審査を受けない方が無難ですね。

また、案外見過ごされてしまうのが、クレジットカードの未払いなどの履歴です。うっかりミスで払い忘れたことがあっても、そんなこと自体をすっかり忘れてしまっていることもあります。しかし、信用情報機関にはしっかりと記録が残っていますから、それが原因となっているのであれば、その情報の登録期間が過ぎるのを待たなくてはいけません。

返済状況についての登録期間は、返済が済んでから5年間と言われていますから、それを過ぎれば、審査に通る可能性がありますよ。しかし、もしもそれまでにあちこちで審査を受けてしまっていたとしたら、その際に業者は信用情報機関に情報を照会しますから、その照会履歴が残ってしまいます。その履歴が消えるのは長い場合1年と言われていますから、やたらと審査を受けるのは考えものです。

一度信用情報に登録されてしまうと、このように年単位で時間が無駄になってしまうのです。もしも審査に落ちて、大きな思い当たる点がなかった場合、一度自分の信用情報を確認することも大切です。ネットで開示請求できる機関もありますから、試しに取り寄せてみるといいですね。それによっては、より効果的に対策を立てることができるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 ※見ないと損!※即日融資可能なカードローン会社は此処! All Rights Reserved.